東京駅開業100周年!東京駅を舞台に描くラブストーリー『すべては君に逢えたから』制作決定!豪華キャスト陣発表!

イベントも予想される中、クリスマスの東京駅を舞台に、10人の男女のそれぞれの“愛”を描いたロマンティック・ラブストーリー『すべては君に逢えたから』の制作が決定した。この冬公開予定の本作は、JR東日本の全面バックアップのもと、東京駅とその周辺のロケ地での撮影を行ない、東京駅を中心とした街の魅力を引き出した映像が期待できる。

____________________________________________________________

人間不信に陥ったウェブデザイン会社社長、仙台と東京の遠距離恋愛、余命半年を告げられた新幹線の運転士、49年前の果たされなかった約束―。それぞれが抱える思いが、クリスマスをきっかけに、動きだす。毎日何百人もの人とすれ違う中で、たったひとりに出会う“奇跡”によって生み出される一人一人のストーリーが巧みに重なりながら語られる作品だ。

白組の小池賢太郎プロデューサーは、「この映画は、毎日何百人とすれ違う中で、たったひとりとめぐり逢う、その素晴らしさ、大切さを描く映画。クリスマスだから、今、大切な人に思いを伝えよう、という気持ちになってほしい。日本流の『ラブ・アクチュアリー』を作りたい」と意気込みを語る。

監督は、『犬と私の10の約束』から『ゲゲゲの鬼太郎』まで、ハートウォーミングな作品からエンタテイメント大作まで幅広く手掛ける本木克英。「日本で最も美しい駅を舞台に、行き交う人々の心と、出逢いの不思議さをロマンティックに描きたい」と語る。脚本は「僕シリーズ3部作」、「フリーター、家を買う」(10, CX)など、日常を細やかに切り取り、物語を紡ぐことに定評がある橋部敦子。制作プロダクションは『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズで知られる白組。3者がタッグを組み、この冬、最高にロマンティックな、日本を代表するクリスマス映画が誕生する。

仕事で成功を収め、自分以外は信用しないウェブデザイン会社の社長を、映画、テレビドラマ、舞台、そして歌手としても活躍する玉木宏が演じる。玉木の相手役には、昨年アッバス・キアロスタミ監督作『ライク・サムワン・イン・ラブ』で主役を務めカンヌ映画祭デビューも果たした高梨臨。偶然から始まる、クリスマスの素敵な恋のエピソードが描かれる。

遠距離恋愛をテーマにしたラブストーリーには、NTTドコモのCMで一躍人気となり、テレビ、映画へも精力的に出演、現在「雲の階段」(13/NTV)でも好演が光る木村文乃。JR東日本の「行くぜ、東北。」のメインキャラクターでもある木村が、遠距離恋愛に悩む雪奈役を、等身大に演じる。雪奈の相手役で仙台に赴任している拓実役には、東出昌大。昨年『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞新人俳優賞を獲得し、今年9月からのNHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」へ出演、来年公開『クローズEXPLODE』で主役を務めるなど、今最も注目を集める俳優だ。

好きな先輩になかなか想いを告げられないでいる学生役には本田翼。昨年、JR SKI SKIのCMで一躍注目を浴び、現在「ヴァンパイア・ヘブン」(13/TX)で謎めいたヴァンパイア役を好演、7月からは新ドラマ「ショムニ2013」(13/CX)の出演も決まっている、ドラマ、CMと大活躍中の女優だ。

さらに、市川実和子、時任三郎、大塚寧々、小林稔侍など、ベテランまでが勢ぞろい。そして、それぞれのストーリーを見守る、東京駅のケーキ店のオーナー役に本作が実に映画170本目の出演となる、名女優・倍賞千恵子が起用された。

キャスティングに関して、松橋プロデューサーは、「どの世代のカップルが見ても等身大で楽しめるラブ・ストーリーを目指した」と語る。

東京駅は、JR東日本の駅の中でも取り扱う収入がダントツ1位の駅である。また、JR東日本に限らず、来年50周年を迎えるJR東海の東海道新幹線、東京メトロの地下鉄各線など含め乗降数、乗り換え客ともにも非常に多い駅である。このため、駅の流動をとめて撮影するのは、きわめて撮影条件として難易度が高い駅であり、特に東京駅は「開業以来、一日たりとも工事がない日はない」と言われており、夜間でも多くの調整が必要なことから撮影は容易ではない。駅を使った映画としては、『単騎、千里を走る。』(05)で新幹線のホーム撮影以来となる。

また、昨年10月の丸の内駅舎保存・復原工事に伴うグランドオープン後では、映画、テレビドラマなど含め初めての撮影となる。今後撮影される箇所としては、①丸の内駅舎の新しい外観、②新しいドーム、③セントラルストリート、④東京ステーションホテル、などが予定されている。

撮影のため、新幹線を終電後に臨時ダイヤで動かし、撮影。こちらも、電気や線路などの工事との調整などからきわめて難しいとされていたが、今回初めて撮影可能となった。そのほか、丸の内側の駅前広場には高さ6mのクリスマスツリーも登場、作品のクリスマス気分を盛り上げる。

http://eiganavi.entermeitele.net/news/2013/06/100-8e6a.html

公式サイト:http://Kiminiaeta-movie.jp

subete.jpg
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ヘテムル Zenlogic 格安旅行・ツアー レンタルサーバーなら【Z.com】 【ドスパラWeb】 【GMOクラウド ALTUS】 動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro] 喜ばれるギフトに wpX CPS 100GB無制限レンタルサーバー【X2】 シックスコア お名前.com ムームードメイン ネット証券一覧 Xserver ロリポップ!