東京五輪招致で仏検察捜査 日本の銀行口座から合計億2000万円送金か

2020年夏のオリンピックの東京への招致に関連して日本側が国際陸上競技連盟に協賛金を支払ったと指摘されている問題を捜査しているフランスの検察当局は、国際陸連の前会長の息子に関係するとみられる会社に日本の銀行の口座から、オリンピック招致を名目におよそ2億2000万円が振り込まれた可能性があると明らかにしました。

この問題は、WADA=世界アンチドーピング機構の第三者委員会がことし1月、2020年夏のオリンピックの東京への招致を巡って、日本側が国際陸連などに多額の協賛金を支払ったと指摘したもので、フランスの検察当局が捜査を進めています。

フランスの検察当局は12日、これまでの捜査結果を公表し、それによりますと、日本の銀行の口座から国際陸連のディアク前会長の息子に関係するとみられるシンガポールの会社宛てに、2013年の7月と10月の2回にわたって、東京オリンピック招致の名目でおよそ2億2000万円が振り込まれた可能性があるということです。そのうえで「この金の流れがオリンピック招致決定の時期に近いことに着目している」と指摘しましたが、誰が振り込んだのかについては明らかにしていません。

ディアク前会長は、東京への五輪招致が決定した2013年9月には、IOC=国際オリンピック委員会の委員を務めていて、開催地の決定に影響力を行使できる立場にあったとみられます。

フランスの検察当局は、今後、金を振り込んだ目的などについて、捜査を続けるとしています。これについてスイスに本部を置くIOCの報道官は、「現時点で捜査の内容についてはコメントしない」としています。

K10010518691_1605122208_1605122214_01_03.jpg
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ヘテムル Zenlogic 格安旅行・ツアー レンタルサーバーなら【Z.com】 【ドスパラWeb】 【GMOクラウド ALTUS】 動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro] 喜ばれるギフトに wpX CPS 100GB無制限レンタルサーバー【X2】 シックスコア お名前.com ムームードメイン ネット証券一覧 Xserver ロリポップ!