ワシントンDC、時給15ドル(1600円)への最低賃金引き上げを承認

ワシントンDCは7日、時給15ドルへの最低賃金引き上げ法案を承認する決定を下した。これにより、ワシントンDC内では全ての職で、最低賃金が原稿の11.50ドルから15ドルに引き上げられることとなる。


施行は7月1日からとなる予定。


時給15ドルへの最低賃金を引き上げる問題は、近年になり米国の各州や自治体で真剣に討議されてきたものとなるが、実施に時給15ドルへの最低賃金引き上げ法案を決定した州や自治体はまだ多くはないのが実情となる。


こうした動きに対して最低賃金で多数の労働者を雇用しているファーストフード業界では、最低賃金が時給15ドルに引き上げられた場合には、雇用を削減し、ロボットで置換すると対抗措置を表明するところもでている。


ただし、時給15ドルへの最低賃金を引き上げる問題に関しては、共和党の大統領候補となるドナルド・トランプ氏も理解を示す発言を行うなど、民主党の政治家だけなく、共和党の政治家の間にあっても引き上げ容認派が増えてきている。

201606080301470000w.jpg
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ヘテムル Zenlogic 格安旅行・ツアー レンタルサーバーなら【Z.com】 【ドスパラWeb】 【GMOクラウド ALTUS】 動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro] 喜ばれるギフトに wpX CPS 100GB無制限レンタルサーバー【X2】 シックスコア お名前.com ムームードメイン ネット証券一覧 Xserver ロリポップ!