高血圧の薬は医者と製薬会社の策略だった!!

現代医学は、疾病に特定の原因を求め、それを取り除くことを旨とする。

感染症はそれでもまだわかりやすかったが、慢性疾患(ex.癌・心臓病・脳血管疾患等)にはお手上げとなる。そこで、国と結託し、病気以前の習慣や環境をリスクと称して、あたかも病気の原因であるかのように仕立て上げた。そのひとつが高血圧。

***以下引用

■高血圧はいつから病気になったの?

国民皆保険制度が1961年度に達成された後から、 薬の大量消費時代が始まり、1956年頃からレセルピンという 降圧剤の大量生産が始まった。医者と製薬会社が、これに目をつけて、高血圧の問題を喧伝し、「国民皆保険」ならぬ「国民皆高血圧」時代に突入した。つまり、高血圧というのは戦後に医者と製薬会社が発明した病気と言えるのです。 犬や猫の畜生には高血圧という病気がないように、戦前は高血圧という病気はありませんでした。

医者と製薬会社の陰謀によって、2000年に高血圧の基準値が大幅に下げられて、 誰もが「貴方は高血圧ですよ。降圧剤を飲まないとすぐ死んじゃうかも」と 脅されて薬を飲まされるようになった。かくして、製薬会社の降圧剤の売り上げは1兆円にも達するという巨大マーケットが誕生したのです。

しかし、高血圧は自然現象であり、何らかの生理的意味がある筈です。 それを無視して、無理やり降圧剤で下げることは、必ず副作用を伴うので、「降圧剤を飲まない人よりも、飲む人の方がより危険」なのです。何事も自然のままにが一番であり、医者と製薬会社の策略にのってしまっては“いいカモ”にされてしまうだけなのです。

■降圧剤を使うと「ボケ」やすい

年をとると、血管の老朽化や血液の老朽化で、 ただでさえ血の巡りが悪くなる。だから、年をとると、脳に血液を送るためには、 ある程度の血圧が必要になるのだ。それを降圧剤を使って、血圧を下げると血の巡りが悪くなって、 ボケてくるのは当然である。

医者と製薬会社は、「血圧を下げろ、下げろ」と喚きたてるが、 年寄りに対しては「早くボケろ、ボケろ」と言っているのと等しいのだ。

■もともと血圧の低い人の方が、「ガン」になる確率が高い

降圧剤を使って、血圧をわざわざ低くする訳だから、 ガンになる確率が高くなるのは当然だ。

更に、降圧剤の毒性による副作用により、降圧剤を使う人のガンになる確率は、 血圧の低い人のガンになる確率より、高くなる訳である。

以上は、単純な原理の説明であるが、ある統計でも降圧剤を飲む人は、 降圧剤を飲まない人の13倍以上もガンになる確率が高いと言う。

http://rakanka.mobi/ketsuatsu/

keturyu.jpg
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ヘテムル Zenlogic 格安旅行・ツアー レンタルサーバーなら【Z.com】 【ドスパラWeb】 【GMOクラウド ALTUS】 動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro] 喜ばれるギフトに wpX CPS 100GB無制限レンタルサーバー【X2】 シックスコア お名前.com ムームードメイン ネット証券一覧 Xserver ロリポップ!