「睡眠妨害だ!」住民ブチ切れ、ペット施設“鳴き声テロ” 騒音トラブル法廷闘争の顛末

 午前3時半。山間部にある集落の静寂を引き裂いたのは、50匹以上の犬のほえ声だった。「また始まった…」。早朝にはけたたましくニワトリが鳴く。うるさい、眠れない、仕事ができない…。夜ごと、朝ごとに繰り返される動物たちの「大合唱」に、ついに近隣住民がキレた。ペットサロン関連施設の騒音で精神的苦痛を受けたとして、大津市に住む夫婦が、サロン経営者に計約300万円の慰謝料を求める訴訟を大津地裁に起こした。個人宅のペットでも、鳴き声はしばしば近隣トラブルの原因になる。それがペットサロンの犬舎となれば、その音量は比較にならない。裁判所が下した判断は-。

ある日突然、隣に…

 原告となった40代の夫婦は大津市内の山間部で、約10年前から平穏な生活を送っていた。夫は会社員。妻は自宅でホームページ制作の仕事をしていた。

 だが、同市のペットサロンが夫婦宅の隣地を購入してからというもの、その環境は一変した。

 訴状などによると、ペットサロンの店舗は別の場所にあり、夫婦宅の隣地には販売するための犬を繁殖・飼育する施設が平成25年2月に設営された。昨年11月時点で、犬舎内では、トイプードルなどの小型犬約50匹がケージに入れられて飼育されていたほか、フェンスで囲まれた外の運動場では、大型犬のグレートピレニーズ2匹が放し飼いになっていた。犬以外にも、ニワトリ6羽が鶏舎で飼われていた。

 施設は普段無人で、平日に短時間、従業員や経営者本人が餌を与えに来ていたものの、掃除は行き届かず悪臭がひどかった。だが、それよりも夫婦を悩ませたのが、犬やニワトリの鳴き声だった。

睡眠妨害レベルの音量

 「ワンワン!」

 昨年5月の午前3時半ごろのことだ。寝室で寝ていた夫婦は、施設の犬たちの鳴き声で目が覚めた。大型犬の重低音と小型犬のハイトーンが織りなす、未明の大合唱だった。

 毎夜繰り返される騒音に耐えかね、すでに同年1月にはサロン経営者に慰謝料の支払いを求める訴訟を大津地裁に起こしていた。

 騒音の証拠を得るために、部屋には騒音計を設置していた。犬が鳴いたこの瞬間、騒音計が示した最大値は56・8デシベル。部屋の窓は閉まっていた。

 環境省が定める騒音基準では、住居地域では昼間(午前6時~午後10時)は55デシベル以下、夜間(午後10時~翌午前6時)は45デシベル以下が望ましいとされている。

 3分後には窓を開けた状態で61・7デシベルを記録した。睡眠妨害レベル(60デシベル)を超える騒音だった。

 さらに同年7月の午前0時過ぎ、騒音計は窓を開けた状態で69・2デシベル、ニワトリが鳴き始めた午前5時過ぎに61・8デシベルを示した。

 一方、犬やニワトリが鳴いていないときの深夜から未明にかけての室内は約28デシベル。鳴き声がいかに大きかったかを物語る結果となった。

睡眠不足で仕事打ち切り

 妻によると、自宅と施設がある場所は山間部のため、昼間は猿、夜は鹿や野良猫が出没し、そのたびに施設の犬たちが反応して激しくほえる。

 「夜に鳴いていた犬が明け方、寝始めてやっと静かになったと思ったら、今度は朝を告げるニワトリが鳴く。安眠できる日はなかった」。妻は眠れずに過ごした“悪夢”のような日々をそう振り返った。

 ペットサロンの経営者に「一晩でいいからここに泊まれば、自分の犬がどれだけうるさいか分かりますよ」と苦情を言ったこともあるが、取り合ってもらえなかった。

 訴訟で夫は、騒音で何度も起こされて睡眠不足になり、「仕事中に居眠りして会社での信用を失ったり、バイクの運転中に事故を起こしそうになったりした」と訴えた。

 妻も「騒音のせいで夜に自宅でしていた仕事の作業効率が落ち、納期に間に合わずに仕事を打ち切られた」と、深刻な影響が出ていると主張した。

 ペットサロン側は「犬の騒音は受忍限度を超える水準に達していない」と反論したが、今年2月の大津地裁判決は、騒音計のデータから「環境基準を上回る騒音が恒常的に(自宅内に)入ってきている」と認定。「受忍限度を超えており、原告らの睡眠に影響を生じさせたとみるのが相当だ」と判断し、夫婦が騒音被害を受けた25年3月~27年10月までの32カ月について、夫に対して月額5千円、妻に対して月額2500円の慰謝料を支払うよう命じた。

 だが、認容額が一部にとどまったことから、夫婦は判決を不服として大阪高裁に控訴。高裁は8月、妻の慰謝料を夫と同じ月額5千円に引き上げる判決を言い渡した。

鳴き声は規制対象外

 騒音問題に詳しい八戸工業大大学院の橋本典久教授(音環境工学)によると、犬の鳴き声は5メートル離れた距離で最大約95デシベルと、かなり大きな音だという。

 また、鳴き声は散発的に発せられる「衝撃的な音」であり、同じ大きさであっても一定に鳴り続ける音より格段にうるさく感じる。

 騒音について定めた騒音規制法は、大きな騒音を発する機械のある工場や建設現場を規制対象としているが、動物の鳴き声は対象になっていない。

 だが、家庭にペットが定着するにつれ、犬や猫の繁殖業者が増え、ペット可のマンションも増加。動物の鳴き声は昔よりも市民の生活に身近なものになっており、しばしばトラブルの原因となっている。

 最近ではペットの鳴き声だけでなく、保育園や幼稚園から漏れる子供たちの声も騒音問題として取り上げられるなど「騒音を許さない考え方が定着してきている」(橋本教授)。

 トラブルを避けるためには、どんな対策が求められるのか。橋本教授は「一定数以上の動物を飼育する業者やブリーダーに対しては、防音設備のある施設内での飼育を定めるなど、動物の鳴き声についても新たな法整備が必要だ」と提言している。

http://www.sankei.com/west/news/160910/wst1609100010-n1.html

wst1609100010-p1.jpg
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ヘテムル Zenlogic 格安旅行・ツアー レンタルサーバーなら【Z.com】 【ドスパラWeb】 【GMOクラウド ALTUS】 動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro] 喜ばれるギフトに wpX CPS 100GB無制限レンタルサーバー【X2】 シックスコア お名前.com ムームードメイン ネット証券一覧 Xserver ロリポップ!