アメリカ、3隻目の空母を西太平洋へ

アメリカ海軍が、原子力空母「ニミッツ」を西太平洋に派遣することがわかった。西太平洋には、すでにアメリカの空母2隻が派遣されていて、これで3隻の空母が展開することになる。

アメリカ太平洋艦隊などによると、原子力空母ニミッツは、6月1日にアメリカ・ワシントン州の母港「キトサップ海軍基地」を出港し、およそ6カ月の予定で西太平洋に展開することになった。

ニミッツは当初、中東地域に派遣される計画だったが、弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮をけん制する一環として、派遣先が変更されたとみられている。

西太平洋には、すでに空母「カール・ビンソン」と「ロナルド・レーガン」が展開していて、空母3隻が同時に展開するのは異例。
北朝鮮の反発は必至で、朝鮮半島の緊張がさらに高まる可能性がある。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00359501.html

AS20170527001442_comm.jpg
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ヘテムル Zenlogic 格安旅行・ツアー レンタルサーバーなら【Z.com】 【ドスパラWeb】 【GMOクラウド ALTUS】 動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro] 喜ばれるギフトに wpX CPS 100GB無制限レンタルサーバー【X2】 シックスコア お名前.com ムームードメイン ネット証券一覧 Xserver ロリポップ!