今流行のヘリコバクター・ピロリ菌

ピロリ菌除菌療法の基本

 ここ数年で,ピロリ菌(Helicobacter pylori;H.pylori)除菌療法を取り巻く環境は大きく変わりました。まず,感染診断法の同時算定です。2010年4月には,限定はありますが2種類の感染検査が保険上,同時併施できるようになりました。また,同年6月には,従来の消化性潰瘍に加えて,胃MALTリンパ腫,特発性血小板減少性紫斑病,「早期胃がんに対する内視鏡治療後胃」に対するピロリ菌除菌が,今年2月には,「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」(以下,胃炎)に対するピロリ菌除菌がそれぞれ保険適用になりました。これには,日本ヘリコバクター学会から発表された「H. pylori感染の診断と治療のガイドライン2009改訂版」(以下,ガイドライン)の貢献が大きいといえるでしょう。

主に小児期に感染
 ピロリ菌除菌療法では,患者に対して的確な説明を行うことが重要です。基礎的事項についてですが,ピロリ菌はグラム陰性のらせん菌で,単極あるいは双極に複数の鞭毛を持ち,コイル状の運動を示します。その多くは中性環境の胃粘液層内に存在し,一部は粘膜上皮に強固に密着しています。つまり,胃酸の強い部位にはいないのです。らせん形で鞭毛を持っているのも,粘稠な粘液中の運動に適しているわけです。

http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtnews/2013/M46420221/
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ヘテムル Zenlogic 格安旅行・ツアー レンタルサーバーなら【Z.com】 【ドスパラWeb】 【GMOクラウド ALTUS】 動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro] 喜ばれるギフトに wpX CPS 100GB無制限レンタルサーバー【X2】 シックスコア お名前.com ムームードメイン ネット証券一覧 Xserver ロリポップ!