海外移住による紫外線による肌の影響

紫外線(しがいせん)は不可視光線の電磁波である。光のスペクトルで紫よりも外側になるのでこの名がある。英語のultravioletも「紫を超えた」という語から来ている(ラテン語のultraは、英語のbeyondに相当)。日本語では、紫外線と呼ぶのが一般的であるが、violet をスミレ色とも訳すことから、文学作品などでは、菫外線(きんがいせん)と呼ばれることもある。また、英語の ultraviolet からUVと略される。

紫外線の有用な作用として殺菌消毒、ビタミンDの合成、生体に対しての血行や新陳代謝の促進、あるいは皮膚抵抗力の昂進(こうしん)などがある一方で太陽の紫外線に長時間さらされると、皮膚、目、免疫系へ急性もしくは慢性の疾患を引き起こす可能性もある。

紫外線による害

皮膚
紫外線はたんぱく質を変性させるため、皮膚に紫外線が照射されるとコラーゲン繊維にダメージを与えて皮膚を加齢させる。一般に、波長の長いUVAは危険性が最も小さいが、皮膚の加齢、DNAへのダメージ、皮膚がんへのリスクはゼロではない。



強度の強いUVBは目に対して危険で、雪眼炎(雪目、雪眼)や紫外眼炎(電気性眼炎)、白内障、翼状片と瞼裂斑形成になる可能性がある。

紫外線による利点

外線による利点は、皮膚におけるビタミンDの生成である。グラント(2002)は、UVB照射時間が短いことが、ビタミンDの欠乏を起こし、アメリカで何万もの死者が生じていると主張している[1]。米国では日照の少ない緯度の高い地域での大腸癌、乳癌、卵巣癌、多発性硬化症の相対的な多発が指摘されている[2]。ビタミンD欠乏は、骨軟化症(くる病)を生じさせ、骨の痛みや、体重増加時には骨折などの症状を生じさせる。

他にも皮膚の疾患(例えば乾癬と白斑)の治療において、紫外線の利用が可能である。これには、311nmの波長による紫外線が効果的である。また、精神病の治療に、精神賦活薬(PUVA療法)とともに、UVA、UVB紫外線が利用される場合がある。

http://emigration-atlas.net/environment/ultraviolet.html

shigaisen.jpg
紫外線量の世界地図

本来は、紫外線に適応するために人間の肌色の分布には、紫外線量に応じた濃淡があったのですが、人間の移住するスピードが、肌の色が移住先の紫外線量に適応するスピードを遥かに上回ってしまっているために、健康上の問題や様々な不都合が生じているようです。

たとえば肌の色が薄い人が、紫外線量の強い地域に移住した場合、皮膚がんの発生や反対に肌の色が濃い人が、紫外線量の弱い地域に移住した場合はVitamin Dの不足による健康上の問題が発生しています。

http://emigration-atlas.net/society/skin-color-indigenous.html

skin.jpg
先住民族の皮膚の色の世界地図
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ヘテムル Zenlogic 格安旅行・ツアー レンタルサーバーなら【Z.com】 【ドスパラWeb】 【GMOクラウド ALTUS】 動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro] 喜ばれるギフトに wpX CPS 100GB無制限レンタルサーバー【X2】 シックスコア お名前.com ムームードメイン ネット証券一覧 Xserver ロリポップ!