ケッペンの気候区分で未来予測

ケッペンの気候区分(ケッペンのきこうくぶん、Köppen-Geiger Klassifikation)とはドイツの気候学者ウラジミール・ペーター・ケッペン(Wladimir Peter Köppen)が、植生分布に注目して1923年に考案した気候区分である。

ケッペンの気候区分

気候と健康との関係

近年、気温や湿度、気圧などの気象と病気や死亡率との関連性(気象病)などが指摘されています。気象医学の知識を持つことや気候の快適な地域に移住(転地療法)することによって、気象病の発症予防や症状の軽減にも つながります。また、気候の快適な地域に移住することにより、暑さによる熱中症や寒さにより悪化する病気などの心配もなく、冷暖房などの使用頻度も減少し、身体や環境だけでなく、経済的にも やさしい 快適な生活ができます。

気候の快適な国への移住

近年、高齢化により、夏場の酷暑や冬場の厳寒をさけるために気候の良い海外の国への注目が高まっています。特に気温の許容・耐久度が低下する高齢世代において、より快適な気候を求めて移住する人々が増加傾向にあるようです。また、比較的若い世代においても、老後は気候のよい国で暮らしたいという考え方をする人も増えてきているようです。しかし、日本人の肌質などを考えると、日本と同じような気候に住むのが良いでしょう。


こちらは過去から未来への気候変動予測地図です。
温暖化し乾燥化が広がって来ているのが読み取れます。
地球規模での早急な植林対策なども必要だと思われます。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ヘテムル Zenlogic 格安旅行・ツアー レンタルサーバーなら【Z.com】 【ドスパラWeb】 【GMOクラウド ALTUS】 動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro] 喜ばれるギフトに wpX CPS 100GB無制限レンタルサーバー【X2】 シックスコア お名前.com ムームードメイン ネット証券一覧 Xserver ロリポップ!