ニューヨークの景観論争で浮き彫りになった?日本の規制の実態

 ニューヨークの超高層ビルの看板をめぐってちょっとした論争が起こっている。場所はマンハッタンの中心部、タイムズスクウェアにあるコンデナストビル。その名の通り、「VOGUE」や「GQ」といったファッション雑誌を出しているコンデンナスト出版が入居している超高層ビルである。

 このビルの最上部に、ファッション・ブランドのH&Mが巨大な看板を設置するプランを出した。看板の大きさは21メートル×21メートルという巨大なもの。このビルの最上部には尖塔が付いているが、その下の部分、地上48階の位置に看板は四方に向けて設置されるという。

 ニューヨークでは屋上の光る看板は原則として禁止されている。ただタイムズスクウェアだけは、歓楽街でもあることから例外的に許可されている。

 タイムズスクウェアの巨大な看板群は一つの観光名所にもなっているし、コンデナストビルの1Fには有名なNASDAQの巨大ディスプレイも設置されている。ただ超高層ビルの屋上に巨大な看板を設置する例はなく、この部分が論争を呼んでいるようだ。

 さらにこの騒ぎを紹介した米メディアの記事に、地域住民による「ニューヨークを東京のようにする気か」というコメントが紹介されてしまったことで、ニューヨーカーが東京の景観について醜悪と感じているという一面も浮き彫りにしてしまった。

 確かに日本の都市景観が欧米各国と比べて醜悪だという点は昔から議論の対象となってきた。なにしろ、日本最大の名所であった日本橋の上に首都高速道路を作ってしまう国である(現在は地下化計画が進行中)。一般的にアジアの都市は景観に対する制限は少なく、派手な広告であふれていることが多い。一方、米国や欧州は景観に対する規制がかなり厳しく、一般的な住宅地においても庭の芝の刈り方まで細かく規制されていることすらある。

 もっとも中国のレベルまでくると無秩序な看板が一種の文化にもなっており、一概にどちらがよいと判断することは難しいだろう。ただ日本において街角の広告にほとんど規制がないことは多くの外国人が奇異に感じていることのようである。看板に反対するニューヨークの住民が、より雑然としている中国ではなく東京を引き合いに出したことからもそれは伺い知ることができる。日本の景観の無秩序さについて彼らが奇異に感じるのは、日本はビジネス上の規制が極めて多い国として国際的にもよく知られているからである。

 ビジネスに関する政府の規制が極めて多いにもかかわらず、なぜ景観には規制が働かないのか?それは規制が行われる真の目的にありそうだ。日本における規制の多くは、国民の権利や安全を保証するためのものではなく、特定の既得権益者の利益保護を目的としている。このため、利益誘導にならない規制は日本では逆に実現されにくいという特徴がある。景観を規制したところで、票にもお金にもならないことは明白である。
 逆に大阪では、これまで電子看板が全面的に規制されたきた珍しい地域の一つである御堂筋において、設置を可能とするための「規制緩和」が検討されているという。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ヘテムル Zenlogic 格安旅行・ツアー レンタルサーバーなら【Z.com】 【ドスパラWeb】 【GMOクラウド ALTUS】 動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro] 喜ばれるギフトに wpX CPS 100GB無制限レンタルサーバー【X2】 シックスコア お名前.com ムームードメイン ネット証券一覧 Xserver ロリポップ!